7月 222013
 
Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr0Tweet about this on TwitterPin on Pinterest0

光の戦国龍(地獄級)を天使ルシファーパーティで攻略しましたので報告します。
超級攻略記事でも同じパーティで攻略していますから、参考にどうぞ。
光の戦国龍(超級) ノーコン攻略 天ルシ耐久パーティで簡単でした

パーティはこちらです。
光の戦国龍地獄級攻略パーティ光の戦国龍地獄級攻略パーティ2

このダンジョンは全属性パーティ限定ダンジョンです。初挑戦でしたので、とにかくHPが高くなるよう副属性闇のメンバーをコストが許す限り参加させました。
敵のHPを調べるためにギガグラビティ持ちを参加させましたが、攻略のためという意味では結果的にギガグラビティは必要なかったです。
それから、もしもの時のエキドナを連れていきましたが、結局一度も威嚇を使うシーンはありませんでした。
HPをできるだけ用意し、天ルシの「明けの明星」があれば突破可能なダンジョンだという印象です。

では、具体的に攻略シーンを解説します。

バトル1

バトル1は招き猫と小さい忍者でした。きれいな配置で出てきましたので固定かもしれません(不明)
光の戦国龍地獄級B1
光属性のモンスターですから、普通に叩くだけで倒せました。
黄色の忍者は先制攻撃(1体当たり約2,000ダメージ)を与えてきます。
また、招き猫は最初のターンは攻撃してきませんでしたが、2ターン目ら約10,000ダメージを与えてきます。
黄色の忍者は、1ターンあたり2,700くらいのダメージを与えてきました。
HPを高めに用意しているので、危なげなく通常攻撃で突破できます。
できれば、どれか1体を残してスキルを溜めておくと良いと思います。

バトル2

バトル2ははまひめと水色忍者でした。こちらもきれいな配置で出てきましたので固定かもしれません(不明)
光の戦国龍地獄級B2

はまひめは、フラッシュバインドを使ってきますから、最初に叩いて倒しました。
あとは、水色忍者を1体残してスキルを溜めました。

バトル3

バトル3は、招き猫と背の高い黄色中忍でした。ここも固定モンスターかもです(不明)
光の戦国龍地獄級B3
まずは招き猫を叩き、黄色の中忍を叩きました。
特に気を付けるところもなく。。普通に叩いていたら倒せましたよ。

バトル4

バトル4はにぎやかなゆるキャラと赤い侍でした。このバトルも固定っぽいです。
光の戦国龍地獄級B4
真ん中のゆるキャラは柔らかく、1ターンで撃破できましたが、左右の侍はHPが高いです。
侍の攻撃力はスキル「暴れ斬り」が約9,200ダメージ、通常攻撃は5,000くらいでした。

回復しながら地道に叩けば突破可能です。

バトル5

バトル5はランダムモンスターっぽいです。
光の戦国龍地獄級B5
次のバトルで明星を使いたいので、スキルが溜まっていなければスキルを溜めます。
普通に叩いていれば問題ありませんでした。

バトル6

バトル6は雷角の頭領・風魔小太郎です。
光の戦国龍地獄級B6
HPは600,000を超えていないようなので、天ルシの明星で一撃で突破可能です。
ハートドロップを溜めた状態で、明けの明星を打って撃破しました。

バトル7

最後は太閤龍・ヒデヨシです。
光の戦国龍地獄級B7

異常状態無効などの特別なスキルも使ってきませんし、攻撃力も特に高くないので通常攻撃で削っていきます。
HPは約2,000,000ほどのようですから、HPが4分の1くらいまで削れたら、天ルシのスキル「明けの明星」で撃破します。

ちなみに、HPが20%を切ってしまうと、全モンスターバインドしてくるらしいです。

⇓これくらいの時に天ルシのスキルを解放したら撃破できました。
光の戦国龍地獄級B7撃破直前

クリアー

光の戦国龍地獄級戦利品

全バトル通じて、HPが高ければ問題なさそうです。
できるだけ早いうちにスキルを溜めておき、基本は通常攻撃で叩く。
万が一危なくなったらスキルで突破する。
この戦法で行けそうです。

以上、光の戦国龍(地獄級)ノーコン攻略天ルシパーティでしたっ♪

関連記事一覧



ここまでお読みいただきありがとうございました。
もっと強くなるヒント!関連コンテンツも御覧ください!
また、やさしいコメントもいただけると幸いです!(コメント欄は下部、緑のボタンから表示できます)
私のYoutubeチャンネルへの登録もご検討いただけると幸いです(主に天ルシも使わない無課金パーティでの動画をアップしてますが)

また、別ブログになりますが、完全無課金レアガチャなしで攻略中ですので、こちらも御覧ください!パズドラ無課金攻略BOX
スポンサードリンク
Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr0Tweet about this on TwitterPin on Pinterest0

コメント欄

⇛クリックすると開閉します