4月 102014
 

先日追加されたノーマルダンジョンの伝説の航路を天ルシでノーコンした方法を紹介します。

ノーコン確定というほどではありませんが、今のところ5回チャレンジして5回ノーコンという状況です。

その伝説の航路攻略天ルシパーティはこちらです。

SnapCrab_NoName_2014-4-9_6-59-40_No-00

決して組みやすいパーティではありませんが、天ルシパーティの強化のためにアンケートダンジョンやプラス集めをこつこつとこなしていれば、いずれ完成するパーティだとは思っています。(天ルシパーティでは役立つモンスターばかりです)

パーティの意図ですが、たくさんあります。

ステータスについては、最低でも双子龍の攻撃を4ターンしのげる(4ターンで合計80,250ダメージ)程度のHPが必要です。

ノーコン確実にするなら、バトル1で2体ともメタドラ系が出てきたときに、防御態勢スキルが溜まるまで耐えられるHPを確保したいですが、レアガチャ限定モンスターがいないとちょっと実現が難しいです。

ちなみに、ノーコンを確実にするために必要なHPは、防御態勢がスキルレベル最大であれば、4ターン耐えればよいので、92,160です。(スキルブーストの数によって変わります)

また、1回の防御態勢スキルで、この80,250ダメージ分を回復するための高い回復力が必要です。
(このパーティの回復力は3,782の4倍で15,128)

まずは天ルシですが、道中の強力なモンスターを早めに撃破していくため、究極進化させたほうが良いと思います。(必須ではありませんが、特にバトル1で防御態勢スキルが溜まるまでに負けてしまうリスクを減らせます)

次に、ドラウンジョーカーについてです。

私のパーティでは、2体ともスキルレベルを最大まで育成しています。

サタン降臨を攻略するために育てたのがここでも役立ちました。

スキルレベル最大まで育ってない場合は、道中(特にバトル1が苦しくなると思います)

最低でも1体はスキルレベル最大にしておくべきです。

それから、双子龍の攻撃を回復しつつHPを確保するために、天ルシのリーダースキル対象となる闇属性のドラウンジョーカーを組み込んだのですが、

ドラウンジョーカーの代わりにボックル676(スキルレベル最大)を使ってみたときは、回復力不足が要因でノーコンできませんでした。

やっぱり、防御態勢の枠は、ドラウンジョーカーが良いと思います。

次に、ヘライースについてです。この枠は自由度の高い枠です。

このダンジョンのラスボス、赤と青の双子龍は、4ターンで合計80,250のダメージを与えてきます。

私は、コレを少しでも軽減するため、覚醒スキルの1つ目、水ダメージ軽減水ダメージ軽減を覚えさせたヘライースを使っています。

水ダメージ軽減の効果計算後だと、4ターンあたり約78,200のダメージになります。(これでも異常に高いですが)

ヘライースがギガグラという強力なスキルを持っていますし、入手しやすくステータスも高いのでお勧めです。

ただし、HPや回復力を高く確保できるのであれば、別のモンスターへ入れ替えても問題ありません。

同じギガグラ形の中から覚醒ヘラやハーデスを選んでも良いし、反撃系のスキルを持つモンスターと入れ替えても良いと思います。

レア限ですが、ハーデスやアスタロトはスキルブーストも持っていて良いですね!

ぱっと考えてみると例えば、

  • もっとダメージを減らすために裏ニライカナイ
  • 操作延長・自動回復を持つ究極リリス
  • ボス戦の時間短縮のため、恨みの一撃を持つヴリトラ
  • バトル1のリスク軽減のため、スキルブーストを持つ堕天使ルシファー
  • (スキルレベルを上げた)闇イザナミで受けるダメージを軽減

といった感じで、いろいろ選択肢がありそうです。

ただ、パズルを行う回数が増えるほどミスも増えますから、ギガグラのような大きなダメージを与えて時間短縮できるスキルが良いと思います。

最後に、闇の歴龍カリラ(私のカリラはスキルレベル最大)についてですが、この枠も自由度の高い枠です。

私が闇のカリラを選んだ理由は、ステータスの高さ&4ターンで溜まるスキルが道中のパイレーツ退治のために役立つ&スキルブーストを持っているのでバトル1で防御態勢が溜まるまでのリスクを若干軽減できるからです。

特に、道中に出現するパイレーツ(毎ターンダメージ11,044、HP約71,600)を、優先的に倒しながら進みますので、非常に役立ってくれてます。

意図があれば、他のモンスターでもかまわないと思います。

さて、ほとんど書いてしまいました。

惰性で攻略シーンの紹介を書いていきます。

ちなみに、ダンジョンデータは非公式wikiを参照しています。

伝説の航路攻略 バトル1

SnapCrab_NoName_2014-4-9_7-0-23_No-00

ここでキングメタドラ系が2匹出てくると、私のパーティは負けてしまいます。

それ以外の組み合わせであれば、防御態勢が溜まるまで耐えることができますので、(ミスや運にもよりますが)ほぼノーコンが確定します♪

道中は、HPが低く行動頻度の高いパイレーツを優先的に倒していきます。

パイレーツが複数いる場合は、より早く倒せるほうを優先的にたたきます。

私のパーティだと水属性が多いので赤パイレーツが優先ですね。

カリラのスキルが溜まったら、打ち込んでもOKですが、次のバトルへ進むときにはカリラと、ドラウンジョーカー(1体)のスキルが溜まった状態で進みます。

できれば、明けの明星をここで溜めきることができればうれしいのですが、現実的には難しいですね・・

伝説の航路攻略 バトル2~5

SnapCrab_NoName_2014-4-9_7-0-51_No-00SnapCrab_NoName_2014-4-9_7-1-13_No-00SnapCrab_NoName_2014-4-9_7-2-17_No-00SnapCrab_NoName_2014-4-9_7-3-4_No-00

防御態勢が1度溜まってしまえば、ほとんどの場合大丈夫だと思います。

ただ、明けの明星が溜まる前に、キングメタドラ系が2体でてくると厳しいですが、ドロップマネジメントすれば大丈夫です。

キングメタドラ系が2匹出てきた場合は、攻撃よりも盤面に光ドロップを溜めることに集中します。

そして、防御態勢で一気に回復するのですが、できればハートドロップを3つ残し、2回に分けて回復することで、メタドラの猛攻をしのぎやすくなると思います。

こうやってしのぎつつ、明けの明星が溜まったら1体撃破。あとは楽ですね。

そこまでやらなくてもほとんどの場合大丈夫だと思いますが、残りのメタドラを使って再度明けの明星を溜めてから次に進むと安全です。

ギガグラは使わずに突破できると思います。

伝説の航路攻略 バトル6

SnapCrab_NoName_2014-4-9_7-3-52_No-00

バトル6は、天ルシパーティにとっては特に問題は無いです。

ポコポコたたいていけば突破できます。

ここでもギガグラは使わずに突破できると思います。

伝説の航路攻略 バトル7

SnapCrab_NoName_2014-4-9_7-4-7_No-00

ラスト、双子龍ですが、ここでは攻撃よりも盤面に光ドロップをため、4ターンに1回の防御態勢で全快まで持っていけるような戦い方をしました。

HP全快の状態から4ターン戦うと、ここまでHPが減りますので、コレを一気に回復しながら戦いました。

SnapCrab_NoName_2014-4-9_7-18-57_No-00

こんな風に盤面に光ドロップを溜めて、防御態勢で変換してから一気に回復です。

ギガグラは溜まり次第撃つ、カリラのカースボールも溜まり次第撃つ。

明けの明星は、ベイツール(青いほう)が攻撃してきて、もっともHPの減ったタイミングで撃つ。

という感じです。

まずは、HPが低いいワングレン(赤いほう)を優先的にたたいて倒します。

SnapCrab_NoName_2014-4-9_7-20-3_No-00

1匹倒せばかなり余裕が出ますね。

残りも同じように回復に気をつけながら戦えば倒せます。

伝説の航路攻略ノーコン攻略完了!

SnapCrab_NoName_2014-4-9_7-21-44_No-00

なぜか録画したデータが途中で切れていて、タマゴがすべてOpenしてませんけど、魔法石の数は減ってないでしょ?

私は、このダンジョンに暇さえあればもぐっています。

緑のパイレーツを2体、スキルマにしたいのです・・

ついでに双子龍も育成できますしね。

特に、水属性の攻撃力を4倍にしてくれるベイツールは、究極進化した天ルシのパーティでは使える可能性がありますね~

冒頭にも書きましたが、ピエドラ2体以外はレア限モンスターを含めると割と自由に組み換えできると思います!

以上、伝説の航路ノーコン攻略用天ルシパーティの紹介でしたっ♪

関連記事一覧



ここまでお読みいただきありがとうございました。
もっと強くなるヒント!関連コンテンツも御覧ください!
また、やさしいコメントもいただけると幸いです!(コメント欄は下部、緑のボタンから表示できます)
私のYoutubeチャンネルへの登録もご検討いただけると幸いです(主に天ルシも使わない無課金パーティでの動画をアップしてますが)

また、別ブログになりますが、完全無課金レアガチャなしで攻略中ですので、こちらも御覧ください!パズドラ無課金攻略BOX
スポンサードリンク

コメント欄

⇛クリックすると開閉します